ダーツ

【魅力】ダーツを趣味にする8つのメリット|マイペースに目標を持って経済的に始められる理由

投稿日:2018-04-06 更新日:

ダーツを趣味にオススメしたい8つの理由

キティ
奥さんの趣味の一つにダーツを教えた、Kitty(@tk_www)です。

 

趣味をお探し中ですか?ダーツにちょっと興味がありますか?

そんなあなたにダーツをはじめてよかったな~という体験をもとにダーツのメリットをご紹介します!

 

この記事はこんな悩みを抱えているあなたのチカラになります。

  • 趣味がないんだけど手軽に熱中できるいい趣味はない?
  • 彼女と共通の趣味がない、ちょうどいい趣味がほしい
  • お金がかからない趣味を知りたい
  • マイペースにできる趣味がいい
  • 女子ウケする趣味を知りたい

 

スポンサーリンク

 

ダーツを趣味におすすめる8つの理由:メリット

 

①ダーツは経済的でお金がかからない

ダーツは低予算から始められます。

1プレイ100円~、投げ放題なら3時間で1,000円くらい。最終系は自宅で投げるから無料になります。

 

実際、本格的に始めてみるとどれくらいお金がかかるか気になりますよね?

まとめてみました。

 

レベル1:「ダーツを楽しんでみる」

ダーツを気軽に楽しみたい!というレベルなら100円から始められます。

ゲームセンターでハウスダーツ(レンタル)をレンタルしたり、ダーツバーで投げることができます。

 

レベル2:「慣れてきたからマイダーツで投げたい」

慣れてくるとハウスダーツじゃ物足りなく感じ、マイダーツが欲しくなります

マイダーツは1,000円くらいから買えますよ!こだわると10,000円以上するものもあります。

最初のマイダーツは日本で一番大きいダーツハイブ で買うのがオススメです。。ネットで買うと店舗で使えるポイントもGETできます。

 

レベル3:「本格的に練習したいから投げ放題!」

本格的に投げ始めるなら「投げ放題プラン」があるお店で練習するのが一番です。

マンガ喫茶やゲームセンターで3時間1,000円~で始められます!

手っ取り早く上手くなりたい!というあなたにはポール・リムが教える教材が圧倒的にオススメです。

関連 >> ダーツ世界チャンピオンポール・リムが初公開!!「10日間ダーツ上達プログラム」

 

レベル4:「成長を記録したいからカードを買う」

練習していると成績を記録したくなります

ダーツマシンはカードに成長を記録できる機能があります。スマホアプリとも連動できますよ!

カードは1枚500円です!ちなみに、ダーツマシンとは主に「ダーツライブ」や「VSフェニックス」のことです。

ダーツライブ VS フェニックスやるならどっち?気にすべきポイントを初心者向けに解説

 

レベル5:「家で練習したい」←タダで投げる領域

この領域にくると家にダーツボードを設置して練習します

初期費用はかかりますが、最初に買ってしまえばあとはタダで投げられる・・!

家庭用ダーツボードは5,000円~が平均的です。しかし、僕は「ダーツライブ200s」を絶対にオススメします。理由は記事を読んでみてくださいね!

家ダーツが300%楽しくなるダーツライブ200s持ってないの?設置体験とレビュー

 

②ダーツは一人でマイペースにできる。投げたいときに投げられる!

フットサルは1チーム5人から、麻雀は4人以上・・人が集まらないとできない趣味は多いですね。

だけど、ダーツは1人でできるし、最大8人まで遊べるのが魅力です。

 

「1人でできること」の何がイイかといえば、自分が投げたいときに投げられるところです。

例えば次の予定まで1時間空いたからそれまで投げるとか、友達が待ち合わせに遅刻するから待ちながら投げるとか。

とにかく、誰かに合わせたりせずマイペースにできるのがとてもいい。

 

しかも、ダーツバーや漫画喫茶は深夜までやっているので時間的成約がないのも魅力ですね。

 

③適度に体を動かせるから運動になる

引用元:http://www.180darts.net/

ダーツって腕しか振らないんじゃないの?腕しか運動できないでしょ?って思いますよね。

実は、投げるときの姿勢が大切で体を支える足や腰を鍛えられ姿勢がよくなります(持論です)。

 

また、スローイングポイントとダーツボードの間(244cm)を行き来するから地味に歩くことになります。

 

④いろんなシーンで楽しめて、場所に困らない。雨でも問題ない。

場所に制限がある趣味は多いです。

例えばスポーツで、フットサルならグラウンド、テニスはテニスコート・・というように。これらの趣味は事前予約が必要だったりと準備が大変ですね。

 

ダーツもダーツ場が必要ですが、街中を見渡すとダーツできる場所って意外とたくさんあるんです。

気が向いたときにふらっとダーツ場に行って趣味に没頭できるのはとても魅力です。

 

ダーツ場はこんなところにあります。

  • ダーツショップ
  • ダーツバー
  • ゲームセンターの一角
  • マンガ喫茶
  • ラウンドワン(ボウリング場)
  • ビリヤード場

 

例えば渋谷駅周辺のダーツ場を見てみましょう。いっぱいあるのがわかりますね。

 

シーンにあわせてダーツは楽しめる

ダーツはいろんな楽しみ方があります。シーンに合わせてダーツ場を選びましょう!

  • 投げ方を勉強するなら、ダーツショップ
  • みんなでワイワイやるなら、ラウンドワン
  • おしゃれにかっこよくお酒も楽しむなら、ダーツバー
  • 一人で黙々と練習するなら、マンガ喫茶で投げ放題
  • 最後はおうちでまったり黙々と練習

 

天候に左右されないスポーツが「ダーツ」

天候にも左右されないのも魅力です。ダーツは屋内競技ですから天候に左右されません。

 

ところで、ダーツバーに通ってみると、ダーツ仲間がたくさんできますよ!

気づくとダーツじゃなくて併設されてるビリヤードを仲間とやってる・・って展開も。

 

 

⑤意外とすぐにうまくなるし、素人とプロの壁があまりない

アワードムービーの一例

素人とプロの壁があまりないのも魅力です。

サッカーや野球のプロ選手と一緒にプレイできるチャンスってないですよね?けど、ダーツはプロ選手と一緒に対戦できるチャンスがあります

 

なぜか?

実はプロダーツ選手の多くはダーツショップやダーツバーに所属しているからです。

  • ダーツバーが開催するハウストーナメント(通称ハウトー)に参加して一緒に投げる
  • ダーツショップで講習会があって投げ方を教えてもらう

こんな機会がたくさんあります。

 

ちなみに、ハウトーはハンディキャップ機能を使うのが普通のルールです。

【ダーツ上達】ダーツ舐めてない?プロがなぜ「上手い」か知ってる?努力と効率化がキーワード

 

⑥男女関係なく一緒に楽しめる

奥さんや彼女と共通の趣味を持ちたいってときにピッタリなのがダーツ。僕も奥さんと楽しんでます。

 

男女の身体能力差が原因で同じ土俵で楽しめないスポーツってたくさんありますよね。極論、短距離走は男子のほうが速いのが普通です。

ところが、ダーツは違和感なく楽しめます。

その理由が、

  • 練習すると男も女も変わらないレベルになる
  • ハンディキャップ機能で同レベルになれる
  • ダーツは身体能力よりも、集中力や丁寧さ、頭脳や作戦が重要
  • 「毎回同じように決まったところに投げられるか」精神的な要素が強いから

 

彼女と一緒にダーツをはじめて一緒に楽しむってのはお互いのモチベーションもあがるしオススメです。一緒にダーツバーでお酒を飲みながら楽しむのも最高ですね。

 

⑦ダーツは成績を記録できるから、目標が立てやすい

ソフトダーツ(機械式ダーツ)のダーツライブやフェニックスには成績を記録できるカードがあります

さらに、こんな機能もあります。

  • アワードムービー(ハットトリックのとき流れる動画演出)を設定できたり
  • 仲間とチャットできたり
  • 対戦したり

特に重要なのが成績記録

 

レーティングを基準に自分の目標が立てられる

レーティングとはダーツの上手さを表すレベルのことです。

ダーツライブとVCフェニックスでは算出方法が異なります。詳しい内容は以下の記事に書いてあるので参考にしてみてくださいね。

ダーツライブ VS フェニックスやるならどっち?気にすべきポイントを初心者向けに解説

 

⑧合コンでモテるし、女子ウケがいいがダーツ

飲み会終わりに、ボウリングしようか!ビリヤードする?それとも、ダーツする?!

って展開になった経験ありませんか?

 

酔っぱらいながらもブルをバンバン打てるとモテるかもしれない?!

すみません、内容が薄かったですね・・(笑)

 

ダーツを趣味にするデメリット3つ

荷物が増える:日頃からダーツセットを持ち歩くから

ダーツが趣味になると日頃からマイダーツセットを持ち歩かないとソワソワするようになります。

会社行くときも、友達と飲みに行くときも。

 

何かチャンスがあればダーツしたくなっちゃうから、日頃の荷物が増えちゃうんです。

ダーツセットって大きくないし軽いから、そんなに気にする必要はないのですが。

 

 

自宅練習すると壁に穴があくことがある

自宅で練習していると矢がボードから外れて壁に穴が開くことがある

あと、床に落ちてフローリングを傷つけちゃうこともあったり・・と。

 

もちろん、ダーツボードの後ろにガードを付けたり、住宅を敷くことで防げますよ!

 

 

喫煙空間で投げることが多い

マンガ喫茶だと投げ放題エリアは全面喫煙可能ってエリアが多い。非喫煙者にとってはつらいことがあります。

もちろん分煙されているお店もあるから探してみましょう。

 

まとめ

趣味を探しているあなたに!彼女と共通の趣味をもちたいあなた!

ダーツはいろんなシーンでやれるし天候に左右されたりしない。カードを使えば成長を記録できるし目標をもって楽しめる!

 

お金もかからないしマイペースに自分がやりたいときにやれるのもいいところ。

ダーツバーにいけばダーツ仲間ができて、プロと一緒にプレイすることだってできる!

 

是非、ダーツを始めてみてはいかがでしょうか?!

 

あなたのいいね!がチカラに

★タメになった!悩みが解決した!参考になった!とあなたの力になれたら、SNSボタンでいいね!やシェアしてくださると嬉しいです\(^o^)/


「LINE@」で最新記事、イベント、DJ配信、有益な情報を配信してます♪ よろしければ友達追加をお願いします。

友だち追加   

-ダーツ
-,

Copyright© ゆとりの脱サラ , 2018 All Rights Reserved.