ガジェット

一眼レフをパソコンのWebカメラとして映像入力する方法【キャプチャーボードを使います】

投稿日:

一眼レフをパソコンの外部カメラとして認識させて映像入力する方法【キャプチャーボードを使います】

https://dj-kitty.com

Youtubeなどの動画サービスで「高画質」で映像配信したいなと思ったことはありませんか?

一眼レフをパソコンの外部カメラとして認識させて配信できたら完璧ですよね。

 

結論からすると「キャプチャーボード」という機械を使って実現できました。

 

 

この記事を読むとこんな悩みを解決したり、ご希望を叶えられます。

  • パソコンの内蔵カメラやWebカメラじゃ満足できない
  • 一眼レフをパソコンに接続してカメラとして使いたい
  • PS4やSwitchなどのテレビゲームをパソコンで配信したい

 

 

僕はこの悩みを解決するのに丸2日かかりました…^^;

キャプチャーボードを使えば一瞬で問題が解決できたので、絶対にあなたのタメになれずはずです!

 

ちなみに、一眼レフではなく「iPhone」を認識させる方法はコチラの記事で紹介しています。

【執筆中】>>「自宅にある使わなくなったiPhoneがよみがえりますよ(※Windows限定)」

 

一眼レフをパソコンの外部カメラとして認識させる方法

一眼レフで撮影している映像をパソコンに入力する方法を紹介します。

紹介する方法は一眼レフだけでなく、

  • ビデオカメラ
  • アクションカメラ(Go Proなど)

にも応用できます。

 

HDMIで出力される映像をWebカメラとして使えるようにする「キャプチャーボード」

I-O DATAのキャプチャーボード

一眼レフを外部カメラとしてパソコンに認識させるために「キャプチャーボード」という専用の機械を使います。

 

キャプチャーボードとは?

キャプチャーボードとは、HDMIで出力できる映像をWebカメラとして使えるようにする専用の機械です。

 

実際に僕が使っている、I-O DATA社製の「USB HDMI変換アダプター UVC/キャプチャー」を紹介します。

 

I-O DATAのHDMI変換アダプターキャプチャーはとっても簡単に使えるのが魅力です。

プラグ&プレイで動作するので、接続したらすぐに使えます。

パソコンにソフトをインストールしたり・・というめんどくさい作業は不要です。

 

 

一眼レフをWebカメラにするための4つのステップ

もちろんですが、Windows、Macどちらにも対応しているのでご安心ください。

 

step
1
キャプチャーボードを買う

まずはキャプチャーボードを用意しましょう。

製品の作りや操作感は後ろのほうでレビューします。

 

 

 

step
2
一眼レフの映像入力ケーブルを買う

ビデオカメラなどのミニ端子で使うHDMIケーブル

次にお手持ちの一眼レフの出力端子で使えるHDMIケーブルを買います。

 

僕の一眼レフは「Canon EOSシリーズ」でして、HDMIミニ端子用のケーブルで接続できました。

↓Amazon製のAmazonベーシックシリーズはむちゃ安いのでお得です(Amazonで買えばよかった…)

Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル - 3.0m (タイプAオス- ミニタイプCオス)
Amazonベーシック(AmazonBasics)

 

ミニHDMI-HDMIケーブルの端子の拡大図

ミニHDMI-HDMIケーブル端子の拡大図

ちなみに「Canon純正のHTC-100ケーブル」はお値段が倍くらいするのでオススメできません。

僕のように互換性があるケーブルを買いましょう。

 

 

step
3
映像入力ケーブルで一眼レフとキャプチャーボードを接続する

HDMI端子の入力側

HDMI端子の入力側

一眼レフとキャプチャボードを接続します。

キャプチャーボードのHDMI入力端子に(Step2の)ケーブルを接続します。

 

 

step
4
キャプチャーボードとパソコンを接続する

USB Type-C(出力)側

USB Type-C(出力)側

次にキャプチャーボードとパソコンを付属のケーブルで接続します。

(Step3とは反対側の)USB Type-C側を使います。

 

I-O DATA社製の「USB HDMI変換アダプター UVC/キャプチャー」には2つのケーブルが付属しています。

僕はMacbook Pro 2017を使っているので、②Type-Cケーブルを使っています。

  1. USB A⇔Type-C ケーブル
  2. USB Type-C⇔Type-C ケーブル

 

 

I-O DATAのキャプチャーボードの接続部

I-O DATAのキャプチャーボードの接続部

Step3と4が終わりました。

正常につなげられるとキャプチャーボードのランプが赤く点灯します。

 

パソコン側ではこのようになります。

Macは システム環境設定→サウンド から認識できているか確認しましょう。

 

 

一眼レフがWebカメラになった!完成形の接続図

一眼レフがWebカメラになる!キャプチャーボードを使った接続図

最終的な接続図がコチラです。

一眼レフ<--[ミニHDMIケーブル]-->キャプチャーボード<--[付属のUSBケーブル]-->パソコン

 

余計な機材が写っていますが、これらは「DJ配信用に用意した機材」なので無視してください。

【関連記事】>>「【解説】DJ配信に必要な機材・接続方法・やり方|ツイキャスするなら必読です

 

一眼レフがWebカメラになるとこんなことができる!

  • Vlog(ビデオログ)が高画質で簡単に録れる
  • 一眼レフの高画質な映像でライブ配信できる
  • 一眼レフが使えるからピント合わせも自由自在
  • 花火や夕焼けを一眼レフで録りながら生中継!
  • ゲーム機とつないでプレイ映像を配信できる

Webカメラよりも圧倒的に優れている一眼レフが使えるので、できることは拡がります。

 

 

I-O DATA USB HDMI変換アダプター・キャプチャーは高クオリティなゲームには向かないかも

Amazonレビューを読むと…こんなコメントがありました。

レビュアー

「スピードが速いゲームには向いていない」「ちょっと遅延する」

ということで、ハイクオリティなゲームを実況配信したいなら高スペックなキャプチャーボードを選ぶのが無難でしょう。

 

 

ゲーム用キャプチャーボードなら「Elgato Game Capture」が有名ですね。

ストリーミングしつつ録画もできて、1080p60fpsに対応、高性能で低レイテンシーです。

 

I-O DATA USB HDMI変換アダプター・キャプチャーが対応しているアプリ

  • Facebook
  • FC2
  • Instagram
  • Twitch
  • Youtube
  • Youtube Gaming
  • TwitCasting(ツイキャス)
  • Skype
  • PeeVee.TV
  • LINE LIVE
  • ニコニコ動画

紹介してきた「USB HDMI変換アダプター UVC/キャプチャー」はいろんなアプリに対応しています。

ひとつだけ、InstagramはPCからライブ配信できなかったはずなので、実質使えないと思います。

 

 

最後に、本体はわずか31.8グラムとムチャクチャ軽くておもちゃみたいな作りです。

しかし、中身は優秀なキャプチャーデバイスで、USB Video Class(UVC)に対応していますからWindowsでもMacでも問題なく使えます。

ドライバーのインストール不要で買ったらすぐに挿せば使える(プラグ&プレイ)なのはとっても魅力的でした。

 

 

まとめ

一眼レフをパソコンの外部カメラとして認識させて映像入力する方法として「キャプチャーボード」を紹介するとともに、実現するための4つのステップをわかりやすく解説してきました。

 

最後に、紹介してきた必要なものをまとめて終わりにします。

 

キャプチャーボード(I-O DATA製)

 

HDMIミニケーブル

Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル - 3.0m (タイプAオス- ミニタイプCオス)
Amazonベーシック(AmazonBasics)

 

 

以上!

関連記事

あなたのいいね!がチカラに

★タメになった!悩みが解決した!参考になったら、SNSボタンでいいね!やシェアしてくださると嬉しいです\(^o^)/


「LINE@」で最新記事、有益な情報を配信してます♪ よろしければ友達追加もお願いします

友だち追加   

-ガジェット
-

Copyright© キティログ -KittysLog- , 2019 All Rights Reserved.