DJやってみよう ガジェット

「Crossfade II Wireless」DJも日常使いもイケるブイモーダの便利なヘッドホンの魅力とは?

投稿日:2017-09-03 更新日:

プライベートでもDJでも使えて、有線・無線どちらもイケる便利で機能的なヘッドホンがあればいいな〜とお悩みではないですか?

ようやく素晴らしいヘッドホンに巡り会えたのでご紹介させてください。

 

デザイン性と音響に一目惚れした V-moda Crossfade 2 (Wireless Bluetooth Head-phone)のRose Goldモデル をレビューします。

こちらのヘッドホンは「【ポイントは5つ】DJ用ヘッドホンの選び方|よいヘッドホンの特徴とは」という記事で紹介したポイントを満たしていますよ!

 

キティ
愛用ヘッドフォンはV-modaのKitty(@tk_www)がお送りします

 

V-moda CrossfadeⅡ(ヴイモーダ・クロスフェード2)とは?

f:id:wct-tky-htm:20170902222032j:plain

こちらのヘッドホン一言で申し上げますと・・

「DJ・DTM・プライベートでも使えるメッチャカッコイイ 無線対応のヘッドホン!」

です。長い。

 

 

価格は、Amazonで¥51,030〜(2018年8月現在3万円強まで値下がりしてます)。

 

ローズゴールド以外に、マットブラック、ホワイトのモデルがラインナップ

マットブラックとホワイトはローズゴールドよりも少し安価です。

 

▼マットブラック

 

▼ホワイト

 

 

開梱の儀:外箱と付属品

f:id:wct-tky-htm:20170902221730j:plain

なんだか箱上部のデザインの線がシワに見えるな・・・。

ワクワクさせる箱の作りですね! 見ての通り、ハイレゾ対応(有線使ってるときだけ)!

 

 

f:id:wct-tky-htm:20170902221805j:plain

左上は、箱内に入っている仕切りで(付属品じゃない)、

右上は、説明書やステッカー等

下の黒いケースはヘッドフォン収納用ケースです。

あと、イヤホンケーブルとmicro USBケーブルが付属します。

 

 

f:id:wct-tky-htm:20170902221820j:plain

収納ケースを拡大してみました。

見ての通りジッパー・ロゴの刺繍等の作りが細かく、高級感があります!細部までこだわってるね!

 

気になる!ヘッドフォン外観

f:id:wct-tky-htm:20170902221832j:plain

収納ケースを開くと、コンパクトにヘッドフォンが収まっています。

持てば分かりますが、コイツかなーり重厚感あります。事実ちょっと重め。

なのに、ここまでコンパクトになるとは・・・!

 

 

f:id:wct-tky-htm:20170902221843j:plain

f:id:wct-tky-htm:20170902222032j:plain

f:id:wct-tky-htm:20170902222020j:plain

外見はこんな具合です。

ピンクゴールドのロゴ、所々の金具、とても高級感があります。

 

 

ちなみに、このCrossfadeⅡ、イタリアのミラノでデザインされてます。

中身の音響機器はアメリカで設計されてます。

 

 

ところで、V-modaって?

V-moda(ブイモーダ)は世界的なDJに愛されている高級ヘッドフォンメーカーです。

DJが使っているヘッドフォンといえばBeatsのMixer、もしくはV-modaというイメージがありますね。

V-modaはもともとアメリカの会社ですが、2016年8月のRoland社の傘下になっています。もともと2005年にVal Kolton(世界的人気DJ)によって設立されました。

 

【関連記事】>>【2018年版 】現役DJが選ぶDJにオススメしたいヘッドホン4選

 

Martin Garrix

「v-moda martin」の画像検索結果「v-moda martin」の画像検索結果

Hardwell

「v-moda martin」の画像検索結果

ふたりとも、ヘッドフォン 外側の天板をカスタマイズしていますね!

 

もちろん、CrossfadeⅡもネジを外せばカスタマイズできるので、自分好みにデザインできます!

こんな感じ↓

「v-moda crossfade」の画像検索結果(V-modaの公式サイトより)

例えば赤色のシールドキットはこんな感じ!

 

ちなみに、AviciiもV-moda 使ってます。

 

彼ら有名DJのモデルはCrossfade M-100という機種です。

CrossfadeⅡとの大きな違いはBluetoothか否か。

細かく機能の違いはもっとあるのですが、本稿では割愛します。M-100のほうがよりDJ向きです。

 

【現役DJが選ぶ】もう迷わない!有名DJも使うオススメDJヘッドホン4選

 

もうちょっと細かく見てゆく

撮り方が雑なのはご愛嬌で、細部に焦点を絞って写真を撮ってみました。

 

 

イヤーパッド

f:id:wct-tky-htm:20170902221906j:plain

f:id:wct-tky-htm:20170902221917j:plain

 

イヤーパッドは着けてて非常に心地よいです。

パッドは柔らかめで肌にフィットします。着圧感は強めなので、音漏れの心配はありません。

耳が大きい方は、少しキツク感じるかも…?と思いました。

 

ちなみに、イヤーパッド単体の交換品も販売されています。傷んできても交換できるので安心です。

V - MODA xl-greyメモリCushions for over-earヘッドフォン、グレー XL-BLACK

 

ヘッドフォン下のUSBポートとイヤホンジャック

f:id:wct-tky-htm:20170902221929j:plain

左耳側にUSBポート(充電用)と、

右耳側にイヤフォンジャックがあります。

有線時は右耳側からイヤフォンが出る形となります。←ココ左耳が良かったなぁ…DJするときジャマになりそうで。

 

 

 

右耳側の外部ボタン

f:id:wct-tky-htm:20170902221942j:plain

Bluetooth対応なので、外部ボタンが付いています。

機器の上部に、「音量の上下ボタン」

真ん中の「マルチ機能ボタン」(1回押しで一時停止・再生、2回押しで次の曲、3回押しで前の曲)

機器の下部に、スライドボタンがありヘッドフォンの電源ON/OFF、Bluetoothペアリングできます。

 

 

気になる音質は?

音質は好みが別れるので一概には言えませんが、

シャリシャリしすぎないちょうどよいドンシャリというイメージ。また、空間表現力はケッコーあります。

 

テクノ、ポップ、ロック、ジャズ幅広く聞いてみましたがオールジャンルいけると思います。

ちなみに、Bluetoothで聴いていますが音質が悪い等は全く感じませんでした。

音質は店舗に行ってデモ機で聴いてみましょう!

f:id:wct-tky-htm:20170902222038j:plain

【ポイントは5つ】DJ用ヘッドホンの選び方|よいヘッドホンの特徴とは

 

 

以上!

 

 

あなたのいいね!がチカラに

★タメになった!悩みが解決した!参考になった!とあなたの力になれたら、SNSボタンでいいね!やシェアしてくださると嬉しいです\(^o^)/


「LINE@」で最新記事、イベント、DJ配信、有益な情報を配信してます♪ よろしければ友達追加をお願いします。

友だち追加   

-DJやってみよう, ガジェット
-, ,

Copyright© ゆとりの脱サラ , 2018 All Rights Reserved.