モルディブ

オールインクルーシブプランのメリット・デメリット【王様気分でモルディブ堪能!食べすぎ注意】

https://dj-kitty.com

新婚旅行(ハネムーン)やモルディブ、カンクンのようなリゾート地の旅行プランを調べていると「オールインクルーシブ」という言葉をよく見かけます。

 

この記事では、オールインクルーシブという言葉すら知らなかった僕が

  • オールインクルーシブって何?
  • メリットやデメリットは?
  • どんな人におすすめ?
  • おすすめできない人は?

こんな疑問にお答えします。

実際に、モルディブでオールインクルーシブを楽しんできたので、体験に基づいた記事になります。

 

結論、オールインクルーシブはとってもおすすめでして全く後悔しませんでした。

好きなものを好きなときに好きなだけ味わえるのはオールインクルーシブの醍醐味ですし、ストレスフリーでまるで王様になったかのような気分になりますよ!

 

オールインクルーシブプランとは?【現地でお金を使うことがない全部込みプラン】

モルディブのオールインクルーシブプランに含まれている「ビュッフェレストラン」

 

オールインクルーシブとは「すべて込みの旅行プラン」

オールインクルーシブ(All Inclusive)とはすべて込みという意味で、食べ物や飲み物、施設利用料金、アクティビティ料金が含まれているホテルプランのことです。

 

例えばこんなことを楽しめました。

  • ビュッフェ型レストラン(朝昼夜)
  • ビーチ・バー
  • ナイト・バー
  • ジムなどの施設
  • シュノーケルやSUPのアクティビティ

 

ビュッフェ型レストラン

モルディブのヴィラリゾート「フィノール」にて

モルディブのヴィラリゾート「フィノール」にて

 

ビーチ・バー

モルディブにあるフィノールのビーチ・バー

フィノールのビーチ・バーにて

 

無料でおしゃれなドリンクが飲めるナイト・バー

モルディブのオールインクルーシブプランに含まれている「ナイト・バー」

フィノールのナイト・バー「1OAK」

僕らが行ったのは「1OAK」というフィノールの中にあるナイト・バーです。

1OAK(ワンオーク)は六本木、ロサンゼルス、ニューヨーク、ラスベガスにある高級クラブ(ライブハウス)の系列のようでした。

 

無料で使えるジム施設

無料で使えるジムですが、使っている人はあまりいませんでした。

 

色んなアクティビティが楽しめる

マリンスポーツも楽しめます。

写真はスポーツ器具をレンタルする場所です。

一部のガチな観光客はシュノーケリングセットを持参していました。

 

オールインクルーシブのメリット【とにかくストレスフリー】

それでは、オールインクルーシブを体験してわかったメリットをご紹介します。

滞在中、お金を気にしなくてよいのでとにかくストレスフリーなのが魅力でした。

 

 

「好きなものを好きなときに好きなだけ」

  • ビーチでお酒が飲みたい
  • ソフトドリングが飲みたい
  • シュノーケリングしたい
  • SUPしたい
  • スイーツを食べたい
  • フルーツを食べたい
  • シーシャを吸いたい

こんな欲求をすぐに満たすことができます。

欲求のままにすべてを楽しめますから、まるで王様になったかのような気分を味わえました。

 

両替しておく必要がない

オールインクルーシブはお金を使わないので、現地通貨を用意する必要がないです。

こんなメリットがあります。

  • 両替する手間がかからない
  • 現金を持たなくて良いので安全

ただし、チップ文化がある場合は、細かいお金を用意しておきましょう。

 

やっぱり総合的に安い?!

オールインクルーシブプランは初期費用が高いので、一般的なプランと比べて高く感じます。

仮に、オールインクルーシブに含まれている項目を以下の料金としたら・・・

  • 毎食のビュッフェ代:3,000円(1回)
  • アルコールドリンク:1,000〜2,500円(1杯)
  • ソフトドリンク:500〜1,500円(1杯)
  • マリンスポーツレンタル料:3,000円(1回)

総合的に安いんじゃないかな?と思いました。

 

 

もっと詳しく

僕たちは以下のプランで約100万円でした

  • モルディブ4泊5日(オールインクルーシブ)
  • ドバイ1泊2日(通常プラン)
  • 航空券代
  • 水上飛行機代
  • 送迎車料金

ドバイは砂漠の中にある超絶インスタ映えするホテルに泊まりました。

ドバイの砂漠にあるホテル「バブ・アル・シャムス・デザート」とは?!【超絶インスタ映え】

 

 

 

 

オールインクルーシブの3つのデメリット【主に食事面】

①際限なく食べてしまう

モルディブのヴィラリゾート「フィノール」にて

飲み放題、食べ放題ということもあり、ついつい飲み過ぎ・食べ過ぎてしまいます。

気をつけないと帰国後は太ること間違いなしです。

 

太ることを懸念しているなら「 カロリミット 」を一緒に持っていくのがおすすめです。

いまなら通販特別限定価格で1,000円、送料も無料ですよ!

 

②飲食する時間が長くなりがち

ビュッフェ形式ですから、ついつい色んなものを食べたくなりご飯の時間が長くなりがちです。

そして、ご飯とご飯の間隔が短くなったようにも感じます。

「あれ、さっきご飯食べたばかりなのに、またご飯の時間か・・・と」

 

③大きくメニューが変わることはないので、人によっては飽きる

毎度同じ場所で食事となると飽きてしまう人も・・・。

ホテル内にいろんなレストランが併設している場合は、飽きることはないでしょう!

 

逆にオールインクルーシブがおすすめできない人の5つの特徴

  • 少食
  • お酒をあまり飲まない
  • 食べられないものが多い
  • 旅行疲れでバテやすい
  • ダイエットしている

こんな特徴を持ってる人にはあまりおすすめできません。

ご飯にあまりこだわりがなく安く済ませられる体質なら、オールインクルーシブにするメリットはあまりないです。

 

ダイエットしているけどご飯は楽しみたい!なら「 カロリミット 」を一袋、お守りのように持っておきましょう笑

 

まとめ

モルディブでオールインクルーシブを楽しんできた僕が実体験をもとに、メリット・デメリットをまとめてみました。

 

好きなものを好きなときに好きなだけ、王様のような気分で旅行先を楽しめるのが大きなメリットでした。

逆に、なんでもできるがゆえにご飯を食べすぎてしまったりするのがデメリットでしたね。

 

最後に、オールインクルーシブプランの旅行パッケージを契約するなら以下の旅行会社がおすすめですよ。

 

関連記事≫「【モルディブ新婚旅行】旅行会社STWでツアープランを手配してみた

 

以上!

 

関連記事

あなたのいいね!がチカラに

★タメになった!悩みが解決した!参考になったら、SNSボタンでいいね!やシェアしてくださると嬉しいです\(^o^)/


「LINE@」で最新記事、有益な情報を配信してます♪ よろしければ友達追加もお願いします

友だち追加   

-モルディブ
-, ,

Copyright© キティログ -KittysLog-│サラリーマンDJが旅行や節約ネタを届けるブログ , 2019 All Rights Reserved.